駒大苫小牧野球部暴力事件

b0005182_16135470.jpg
今回の事で一番傷ついたのは誰?
いうまでもなく暴力を受けた少年、そしてその家族のはずなのに、TVでの報道は優勝が取り消されるかどうか…取り消された時の子供たちの心の傷に集中しているように思われてならない。
確かに雪の日も夏の暑い日もひたすら優勝を目指して頑張ってきた彼らの優勝が、指導者の暴力事件で取り消されるような事があってはならないし、彼らは胸を張っていればいいと思う。でもね、そのことに関心が向けられていて,肝心の少年を思いやる言葉がほとんど聞かれない。

まだ事実が混沌としているからだろうか。



愛のムチをあきらかに越えた行き過ぎの暴力は、我を忘れて殴り続けたとしか思えないし、ご飯を3杯食べられなかったからと言ってスリッパで頭を叩くなんて言語道断。何様のつもりなのだろう。父親の話では、殴った後に暴力教師が『高野連に言うなら言え!苫小牧を歩けなくしてやる』と言ったという。『2・3発殴った事にしておいたら秋の大会には出してやる(?)(でれるかもしれない)』という意味の事も教頭の口から出たとか。
言われもしないことをでっち上げるメリットは何もないし、私は多分事実だと思う。教育者にあるまじき態度に言葉を失う。コメンテーターは『今時やくざでも口にしないような言葉だ』と感想を洩らしていたっけ。

暴力部長と校長が今度はじめて被害少年に謝罪したと聞いて、唖然とした。すぐに謝罪するべきなのに、ことが公になってから今頃?このことだけをとっても学校側が不祥事を隠そうとしていた事が見て取れる。教育者としてのモラルはどこへ?自己保身に走る姿は見苦しい…。

同じ野球部の子供たちも見ていたのなら、事実をありのままに話して仲間を救ってあげて欲しい。(野球部の子供達にも緘口令がひかれたと思われてならない)
どうかこの少年と家族が心穏やかに暮らせますように…。

PS.オカリナの練習もはじめました。聞かせたい子供たちがいるので。^^
[PR]
by akazukin_3 | 2005-08-26 16:52 | 日記