クローン 2001(米)

b0005182_011324.jpgブレードランナーの作者、ディックの傑作短編「偽者」をゲイリー・シニーズ主演で映画化したもの。原作は一人称で語られるなかなかに面白い短編らしいので、今度図書館で探してみようっと。

昨夜TVから偶然流れてきたナレーションにSF好きの赤ずきんとしては、つい、耳を奪われてしまい、観始めたのはいいけれど、9時という時間帯は主婦にとって魔の時間。
夫が帰ってきて食事の用意…バイト帰りの子供のために食事の用意…『母さん、お布団敷いて~』の子供の声に中断され…結局細切れで観た。(T_T)

宇宙からやってきた人間爆弾だと疑われ政府に追われるはめになった天才科学者スペンサー・オーラム(ゲイリー・シニーズ)が自分の疑いをはらそうと悪戦苦闘するSFサスペンスアクション。『ブレードランナー』でも、作られた記憶を埋め込まれたアンドロイドは、自分を人間だと信じていたけれど、ここへ出てくるクローンたちも、自分がオリジナルだと信じて疑わない。こういう状況って怖いよね。そして切ない。

途中でオチを考えながら観ていたら予想通り…と思いきや…あっ!!!へえ~っ…。
どう?観たくなった?^^
[PR]
by akazukin_3 | 2004-11-06 00:36 | 映画日記