天国の本屋~恋火 松久淳+田中渉(著)

b0005182_011425.jpgお馴染みの登場人物がパワーアップしてこの本にも登場。今時のさりげない会話がおかしくて、ヤマキとリストラされたピアニスト健太のやりとりが大好き。

竹内結子、玉山鉄二主演で映画化もされているので是非観てみたい。特に朗読のシーンと、一緒に見たふたりは永久に結ばれるといわれる伝説の花火“恋する花火”、ピアノの調べは、どんなものなんだろうとわくわくする。



とても淡く綺麗なお話だけれど、一番心に響きうるっときたのは自分でも意外なところで、挿入された絵本『しろいうさぎとくろいうさぎ』の最後の場面だった。
こうして、二ひきのちいさなうさぎはけっこんしました。二ひきは、おおきなもりのなかで、いちにちじゅう、いっしょにたんぽぽをたべたり、ひなぎくとびや、クローバーくぐりや、どんぐりさがしをしたりして、たのしく、くらしました。=(ガース・ウィリアムズ著)

結婚てこういうものなんだ…二人で仲睦まじく暮らしを楽しむ…楽しいものなんだ。そうなんだよね~としみじみと思った。
[PR]
by akazukin_3 | 2004-11-11 00:14 | 読書日記